映画

三度目の殺人 -分かりやすいストーリーによって裁かれる裏で見過ごされる不可解な真実-

概要

夜の河川敷で、三隅が男を殺し火を付ける。三隅はすぐに逮捕され犯行を自白。殺人の前科がある三隅は死刑になるだろうと予想された。弁護士の重盛は、三隅の死刑を避けるための弁護を引き受ける。

重盛は三隅の話を聞き、金目当てではなく、怨恨による殺人だと主張することで無期懲役まで減刑するよう法廷戦術を立てる。しかしその矢先、三隅が男の妻から殺人を頼まれたと話す独占インタビューを掲載した雑誌が世に出回る。

重盛は苛立ちつつも、その三隅の主張に沿って弁護方針を変更するが、裁判が始まって、さらに三隅は主張を一転、殺人自体を否認し始める。

二転三転する三隅の主張に翻弄される重盛は、真実を知ろうと三隅との接見を重ねるが、三隅は会うたびに別人のように振る舞う。

みんなのレビュー

高評価

  • 内面を読めない三隅の行動に翻弄される不思議な感覚が面白く、深読みする楽しさがある
  • 弁護士重盛が三隅の内面に惹き込まれていく様子がスリリング
  • 司法制度の問題点について考えさせられた

低評価

  • オチや答えのないミステリーで消化不良
  • 司法制度に対する作り手の違和感は分かるが、掘り下げが浅く適切に表現し切れていない
  • 重厚な雰囲気だが展開は淡々としていて、ストーリーとして面白くない

ナニミルレビュー

オススメ度:B

こんな気分の時オススメ:重苦しい空気感のサスペンスミステリーが観たい時。落ち着かない気分にさせるストーリーが観たい時。答えのないストーリーが観たい時。

全体的なレビュー

「裁判は真実究明の場ではなく、利害調整の場である」という弁護士の発言から着想を得たというストーリー。

事務的に進む準備や、裁判官・検察官・弁護士がコソコソと話す細かい描写によって、その「利害調整」感がよく理解できる。

さらに、「人が人を裁けるのか」というテーマを描くため、簡単に理解できないキャラクターを殺人犯として設定し、「真実」ではなく、裁く用に用意された「ストーリー」によって進んでいく裁判の奇妙さや、その結果下される判決の乱暴さも感じさせる映画になっている。

良い映画だと思うのだが、犯人三隅のキャラクターに強引さを感じ、ちょっと乗り切れない部分もある。

三隅は、重盛が自分の娘を探したことに狼狽したり、周りを傷つけてしまう自分に絶望していたと語ったりして、どことなく人間臭い側面を見せる。同時に、言うことがコロコロ変わり、会うたびに別人のように振る舞う、ちょっと異常な人物としても描かれる。

この両側面(人間臭さ/異常さ)からくる不自然さがあるし、異常さが際立つので、人間臭い部分が嘘っぽく感じる。嘘っぽく感じることで、キャラクターとしての説得力が弱くなっているように感じてしまう。

役所広司の演技がうますぎて納得しかけるけど、やっぱりちょっと浮いた感じ(現実じゃない感じ)がする。

三隅が浮くことで、殺人事件自体の重みがあまりなくて、非現実的な印象が生じる。せっかく現実の司法制度の違和感を描いているのに、それを非現実的なキャラクターに担わせてしまうことで、観客の視線がそれてしまうかもしれない。

三隅の人間臭さが薄いことで「止むに止まれず」感がないというか、監督が言いたいことを言うための駒のようにも感じてしまう。そして、「人が人を裁く」という問題を描いている以上、そこで描かれる「人」は「駒」であってはいけないだろうから、ちょっとどうなのかな、という印象もある。

その印象で、十字のモチーフやカナリアなどシンボリックな表現を見ても、取ってつけたように見えてしまって、深読みするほどの深さがなく感じてしまう。

事務的な裁判の空気感が上手く描かれ、考えさせられる映画である反面、三隅の非現実感によって「あくまでフィクションとして」となってしまう。そこが惜しいな、と思う。

「ストーリー」で進む裁判のヘンテコさ

この映画は難解な映画ではない。

単に監督が「釈然としなさ」を表現しようとしたからハッキリとしない内容になっているだけで、そういう意味ではシンプルな内容とさえ言える。

要は、本当のところは、わからないわけです。三隅みたいな殺人犯はなかなかいないかもしれないけれど、もし実在する弁護士があのような案件を担当したとして、きっと判決の後にすごく釈然としないものが残ると思うんです。

なぜなら、「罪に問われている人を理解できる」という体で裁判は行われて、非常にわかりやすい部分だけを切り取って弁護もされる。そして最終的に、「死刑」だとか、必ずわかりやすい形として判決が出ますよね。

でも、真実はわからないんです。それでも次の裁判に向かわなければいけない。その宙吊り感というか、釈然としない感じを、映画を観た人に共有してもらうというのが、この作品の着地点だと思っていました。

「自分が生きている社会が、怖くなるかも」 是枝裕和監督が『三度目の殺人』に込めた思い -ハフポスト-

この映画を、「真実」と「ストーリー」という軸で考えてみる。

ここで「ストーリー」とは、釈然としない「真実」に対して、その「真実」から不可解な部分を切り捨て、理解できる形に整理されたもの、という意味。

映画内で、裁判は真実を明らかにする場ではなく、利害調整の場として描かれる。

重盛は「どっちが本当かなんてどうせ分かんないんだから。だったらより役に立つ方を選ぶ」と語る。

検察は犯人に刑を下すためのストーリーを練り上げ、弁護士は刑を軽くするためのストーリーを練り上げる。

重盛は、「盗もうとして殺したのではなく、殺してから盗もうと思いついた」というストーリーを考えることで、三隅の刑を軽くする戦術を考案する。「事実はともかく、弁護方針としてはその方向で落とし込む」と彼は言う。

この「真実」から「ストーリー」へという弁護士の仕事の中に、三隅というキャラクターを投じることで、監督は「分からなさ」「釈然としない感じ」を出現させる。

本来なら、犯人の三隅から「真実」を聞き出し、それを弁護士の重盛が「ストーリー」へと成形していく。重盛もそれが自分の仕事だと考えている。

しかし三隅の供述は二転三転する。三隅が語る話こそ「真実」ではなく「ストーリー」だからだ。

重盛は混乱し、「ストーリーを作る」という自分の役割から外れて、「真実」を求め出す。

そして「真実」を求めれば求めるほど、その不可解さにはまり込んでいき、釈然としない中で判決が下され、映画は終わっていく。

当然、映画を観ている観客も、重盛と同じように「よく分からない」という状態で映画を観終わることになる。

三隅の不可解な言動は、その不可解さが解かれないまま裁判が進み、不可解さを切り捨てて判決が下る、という司法のある側面を際立たせるための装置になっている。

そこに、十字やカナリア、空っぽの器、異常なほど変化する性格、彼の過去など、シンボリックな要素が足されているので、複雑な内容に感じるのだが、基本的には、裁判のおかしさを際立たせるためのミステリアスなキャラクターだと考えていいと思う。

三隅とは何者か

三隅とは何者なのか。監督は、「底知れない人物」と言っている。そうであれば、「こういう人物」と言い切れないのは当たり前である。

だって、底知れないんだもん、役所さん(笑)。底が知れないから、底が知れない役をやってもらおうと思ったんです。…

出てくるたびに違う人に見える――善人にも見えれば、悪人にも見えるし、誰かを救おうとしたようにも見えれば、裁こうとしたようにも見えるし、もしかすると(殺人を)やっていないようにも見える。そういう多面性のようなものを、役所さんなら表現できるだろう、と思っていました。でも、僕が思っていた以上に出てきたので、正直、僕も見ながら「これ……殺していないんじゃないかな……こんな脚本を書いたかな……」という瞬間が結構ありました。

是枝裕和が思う「日本で一番うまい役者」役所広司と福山雅治の真剣勝負『三度目の殺人』【ロングインタビュー】 -フィルマガ-

実は僕もわからない部分があるんです(笑)。特に三隅に関しては、自分の理解を超えている存在にしようと思っていたから、「なんでこうするんですか」と聞かれても、「そうですよね。わからないですよね」という答えになってしまう。観た人も僕と同じような作業をしていくんじゃないでしょうか。

『三度目の殺人』福山雅治&役所広司&是枝裕和監督 単独インタビュー -シネマトゥデイ-

あくまで、不可解さを表現するためのキャラクターなので、「三隅の真意はコレだ」と考えても答えがない(監督自身さえ迷っているのだから)。どちらかと言えば「明確な何かではない」という否定性だけがあるようなキャラクターだと思う。

その上で、いくつか明確な言葉は出てきている。

「裁き」「理不尽」「見て見ぬフリ」など、司法や現実社会の乱暴さを揶揄するような三隅の言葉。

「空っぽの器」という、三隅の特異さを表す警察や重盛の言葉。

裁判では、意思(故意性)が重視される。

だからこそ、「金を奪おうとして殺した」という検察の主張を、「殺してから金を奪おうと思いついた」という主張で覆すことが、重盛の戦術になっている。

そして、三隅は空っぽの器で、周囲の人間の意思を受け止めている。

三隅の殺人は、三隅の故意から発生したのか、周囲の人間から伝染したのか、よく分からないように描かれている。

三隅が、不利になると分かった上で殺人を否認したのは、三隅の意思だったのか、重盛の意思だったのか、それもよく分からないように描かれてもいる。

三隅の空っぽさは、事件の不可解さを増すと同時に、誰かの行為を、その人の意思によって裁くということの厄介さを考えさせるきっかけにもなっている。

先ほどの「真実」「ストーリー」の延長で考えると、「空っぽの器のよう」という三隅の説明は、自分の「真実」がなく、誰かの「ストーリー」を受け入れてしまうキャラクター、という意味にも考えられる。

咲江は、自分の父への殺意が三隅へ伝わり、それによって三隅は殺人を犯したのだと説明する。

もしかしたら、工場での不正に三隅が加担したのも、社長の思いに乗ってしまったからなのかも知れない。

雑誌のインタビューに嘘を答えたのは、咲江の母を裁きたかったからかもしれないし、ワイドショーを見て盛り上がる大衆の意思に応えたのかもしれない。

三隅の言動がよく分からないのは、三隅の行動が三隅本人の意思だけでなされているわけではなくて、周囲の人間の意思と溶け合った結果なされているからなんじゃないか。

ラストの三隅と重盛の接見で、「咲江に辛い思いをさせないためにあえて犯行を否認したのか」と聞いた重盛。三隅は「あなたはそう思ったから、私の否認に乗ったんですか?」と聞き返す。

ここで、三隅の行動は、重盛の意思を受け入れた結果だと示唆される。

そして、重盛の「咲江を守るために否認した」という推理を聞いて、三隅は「良い話ですねぇ」と呟く。「良いストーリーですねぇ」という意味で。

このやり取りの後、重盛は「つまり、僕がそう思いたいだけって事ですか?」と聞く。

ここに、この映画を観る観客(というか、あらゆる現実を見る人間)に対する批判が含まれている。

ともすると観客は、自分がそう思いたいように三隅の行動を解釈する。その解釈にそぐわない部分は、見て見ぬフリをして切り捨て、「真実」を求めるのではなく分かりやすい「ストーリー」だけを受け入れる。

そして裁判では、そのようなストーリーによって人が人を裁いている。司法制度そのものも「正義のシステムなんだ」というストーリーによって、社会的に受け入れられている。

是枝監督は「この映画は司法制度を糾弾する映画ではない」と、いろいろなインタビューで答えている。

そうであれば、これは人間一般に対する批判(問いかけ)ということになる。人間の理解には限界がある。その中で、明快な判決を下すことに対する違和感、問いとしてこの映画を提示している。

社会は「真実」ではなく「ストーリー」で成り立っている。その間にあるギャップを、ほとんどの人が理不尽に見て見ぬフリしている。

そのことをあぶり出すための、三隅というキャラクターなのだ。

レコメンド作品

フライト

ヒーローに祭り上げられた男が、自分の罪と向き合う姿を描いた作品

JFK

さまざまな圧力を受けながらも真実を求め続ける男を描いた作品

ミスティック・リバー

真実を知りたい人間の欲が生む悲劇を描く作品