映画

セッション -狂気のイニシエーションが生むのは洗脳か、強さか-

概要

ジャズ・ドラマーに憧れるニーマンは、名門に通う音大生。ある日、その大学で最高の指揮者と仰がれるフレッチャーの目に留まり、彼のバンドに入る。

フレッチャーの指導は超スパルタであり、クラスは怒号が飛び交い、ニーマンは最初のクラスで椅子を投げつけられてしまう。しかしニーマンはめげず、ひたすら練習に励む。

ニーマンは着々とフレッチャーに認められていくが、家族が恋人はニーマンの志を理解せず、疎外感を感じるニーマンは、なおさらドラムに打ち込み、どんどん人格まで変わっていく。

あるコンサートに遅刻したことからフレッチャーとニーマンはケンカになり、ニーマンはバンドを外される。どん底のニーマンは大学を変え、新しい生活を始めるが、ある日偶然、バーで演奏するフレッチャーと再開する。

みんなのレビューまとめ

高評価

  • 良くも悪くも何かに打ち込むことの狂気を感じられる。そのことについて人と話したくなる
  • 緊張感や驚きがあり、最後まで退屈せずに観られる
  • ドラマがしっかりしているので、音楽に詳しくなくても楽しめる

低評価

  • パワハラ描写、間違った教育方法に納得がいかない
  • キャラクターの行動が安易に感じられ、安っぽいドラマに見える
  • 音楽への愛を感じない

ナニミルレビュー

オススメ度:A

こんな気分の時オススメ:何かに打ち込む主人公を観たい時。緊張感のある映画を観たい時。極端な人間関係を観たい時。内面を大きく変化させる主人公を観たい時。

良い点!

軍隊のようなバンドの中で、スパルタ教師フレッチャーが作り出す緊張感は、画面越しに見ているこちらまで背筋が伸びるほど。張り詰めた空気の演出が素晴らしい。

そして、そんな厳しい指導の中、ニーマンがどんどん変化していく。それが、単純に「成長」と呼んでいいものなのか微妙な、「不穏な変化」であるのも、この映画をよくあるドラマより際立たせている。

ドラムの練習に打ち込むニーマンは、だんだんと激情的な人間に変化し、最初はビクビク怯えていたフレッチャー相手にも、暴言を吐いてつっかかるような男になっていく。

ある見方をすれば、これは人間性を失いなっていくニーマンを描いた悲劇だ。違う見方をすれば、学生時代に人生をかけて向き合える何かを獲得したニーマンの熱いストーリーでもある。

どちらの印象を持つかは、見るひとの価値観に大きく左右されそうだ。そういう両面的な見方ができるのも、この映画の良さの1つ。

イマイチな点・・・

フレッチャーのスパルタぶりは、現代にあっては社会的に受け入れ難いものだろう。実際、ストーリー内でもフレッチャーの行いは非難の的になっているし、常識の象徴として、父やガールフレンドが対比的に描かれている。

特に、ニーマンらと似たような経験をし、苦い記憶を持っている人からすれば、フレッチャーの行いに怒りを覚え、映画のラストには納得が行かないかもしれない。

しかしまあ、この「異常さ」こそ、この映画がドラマチックに描いているものなので、そこを抜きにこの映画は意味を成さない。

フレッチャーのスパルタ教育

とにかく先生フレッチャーの恐さがが大迫力。

暴言は吐くわ、差別的な言葉は使うわ、椅子を投げるわ、ビンタするわで、いわゆるスパルタ。こういうスパルタ教育にあったことがある人が、この映画に嫌悪感を持ったとしても不思議ではない。それくらい徹底して恐く描かれている。

1人で練習しているニーマンのもとに突然現れる登場シーンからして、彼の相手に有無を言わせない圧迫感が示されている。質問責めにし、答えを先回りして相手の焦りを煽り、演奏させたくせに、いつの間にかいなくなる。

一瞬で自分のペースで相手を掌握する尊大さを理解させるシーンになっている。

 

誰もが演奏したいと望む最高のバンドの指揮者であり、学生に対して絶対的な権力を有している。そして、権力があるだけでなく、実際に音楽に対しても高いスキルを持ち、実績も積んでいることから、学生は誰もまともに彼に立ち向かうことができない。

この状況がフレッチャーの横暴を可能にし、彼1人がこの映画の緊張感を形成している。

 

だがしかし、ちょっと引いた目で見ると、フレッチャーの持って回ったネチネチした暴言はちょっと面白くもある。

ドラム奏者3人にひたすらドラムを叩かせるシーンなんか、大喜利をしているようで、「手コキより早く叩け」とか「お前はレプラコーンに似てるな」とか「椅子の調整をしてるなら、次はうまく叩けるんだな」とかバラエティに富んだ罵倒を終始繰り広げている。

そして、遅刻したニーマンに対して言い放つ、「もし1つでもミスをしたら、お前の父親のキャリアすらサクセスストーリーに感じるくらい惨めに過ごさせてやる」という脅し文句。フレッチャーはニーマンを指導する際、ずっと離婚して出て行ったニーマンの母親や父親の悪口を使っており、その積み重ねがあるからこの脅し文句はだいぶウィットが効いている。

実力行使もさることながら、いちいち罵倒のクオリティが高いのもフレッチャーをアイコニックな鬼教師に仕立てている要因だろう。

もちろん褒められた行為じゃないのは当然としても、キャラクターとして面白みのある人物になっている。

ドラムに取り憑かれたニーマンの執念

アイコニックなまでの鬼教師であるフレッチャーだが、彼は主役ではない。主役はドラム奏者のニーマンであり、フレッチャーの鬼加減は、ニーマンの執念と狂気をきわ立てるための装置である。

冒頭シーンこそフレッチャーに取り入ろうとするか弱い青年として登場し、最初のクラスではボコボコに怒鳴られて涙を流してしまうニーマン。

しかし、自分の不注意から主奏者のチャンスを潰してしまったにも関わらず、厚かましくも「自分が演奏する」と言いだした辺りから、彼はたくましくなっていく。

後からフレッチャーのクラスに呼ばれたコノリーの演奏に対し、フレッチャーの褒め言葉を遮り「こんなクソ演奏が?」と暴言を吐いた辺りから、もはやフレッチャーを恐れてもいない。

自分のドラムの腕や熱意に理解のない家族にも辟易し、野心を持たず呑気に大学生活を送る彼女にも違和感を感じるニーマン。彼はただドラムを叩くことにだけ意義を見出し、全てを捨てて練習に打ち込む。

このニーマンの姿は、一方では狂気を孕んで人間性を失っていく鬼のようにも感じる。だが同時に、自分がやるべきことを理解し、迷いを捨て、一心不乱に1つのことに打ち込むヒーローのようにも見える。

 

彼は、大学を退学することで、一旦この狂気から離れる。

ドラムを片付け、父とゆっくり映画を見る。

フレッチャーにバンドに誘われ演奏を再開することに決めるが、そこで別れた元彼女に連絡をするくらいには、人間性を保っている。

だが、彼女はすでに新しいボーイフレンドを見つけていた。

そして、ステージに臨み、フレッチャーにどん底に落とされるニーマン。

苦い経験だが、ここが本当に狂気を断ち切る最後のチャンスだった。

しかし、狂気からの回復を象徴する父との抱擁の後、ニーマンの頭にフレッチャーとバー話したチャーリー・パーカーの逸話が帰ってくる。

恥をかかされ、舞台から降りたが、彼は諦めず舞台に戻り、最高のソロを聴かせた。

ニーマンはようやく、フレッチャーに対する反動ではなく、それを超えた決意でもって、自らの道を選択する。

レコメンド作品

ブラック・スワン

芸術に人生を絡めとられていく主人公を描く作品

ラ・ラ・ランド

夢を追う厳しさを描いた作品

ミリオンダラーベイビー

ボクシングに人生をかけた主人公を描く作品

はじまりへの旅

スパルタ教育を描いた作品

ナイトクローラー

自分の才能を発見してたがが外れる主人公を描いた作品

ヤング≒アダルト

酷い目にあった主人公が最後に自分を取り戻す作品

プレステージ

表現のために狂気へ落ちていく主人公を描いた作品