映画

そして父になる -血よりも思い、強さより優しさ-

概要

建築家としてエリートコースを走る野々宮良多とその妻みどりは、6歳の息子慶多をお受験させ、裕福で幸せな生活をしていた。

ある日、慶多を産んだ病院から呼び出される。そこで出産後取り違えが発生し、慶多が実の息子ではないと告げられる。実の息子は街の電気屋を営む斉木夫妻の長男琉晴として育てられ、慶多は斉木夫妻の息子だった。

病院は子供の交換を勧めるが、野々宮夫妻と斉木夫妻は簡単に決められる話ではないと主張し、それから面会やお泊まりを繰り返す日々が始まる。

良多ははじめ、裕福ではない斉木夫妻から琉晴を引き取り、2人とも自分たちで育てようと考えるが、子供たちと交流するうち、少しずつ自分の親としての不完全さに気づき始める。

みんなのレビュー

高評価

  • もし自分の身にに起きたら、と想像してしまうテーマで、「家族」について考えさせられる
  • 困難な状況の中で揺れ動く主人公の変化がドラマとして興味深かった
  • キャラクターたちの心境の変化によって、ストーリーに起伏があって面白い

低評価

  • 親に子供が振り回されていて不快
  • キャラクターが定型的で、リアリティがない
  • 結末が安易に感じた

ナニミルレビュー

全体的なレビュー

「血縁か、築いてきた関係性か」という問題を「取り違え」というどストレートな題材で描きながら、これが二者択一の単純な問題でないという側面をバランスよく描いている。

大まかに言えば、大人が考える正統性よりも、子供の思いに応えるべきだ、という結末になっていると感じる。

また、エリートだが父親として欠点のある良多の、成長物語としても面白いストーリーになっている。

良多は、琉晴や斉木夫妻と交流することで、否応無く自分の欠点に向き合い、子育ての上手くいかなさに直面する。

良多の成長を通じて、親が子供を思うことの大事さと同じように、子供が親を思う気持ちに、親として向き合うことの大事さが感動的に描かれている。

血か時間か

この映画で問われるのは、「血か、時間か」という問題。

野々宮夫妻、斉木夫妻の4人にこの選択が迫られているが、ストーリー上、葛藤の末、決断を下すのは良多である。

自分の遺伝子を継いだ琉晴か、6年間育ててきた慶多か。

良多ははじめ、子供を2人とも引き取ろうと考える。その後、琉晴(血)を選ぶが、最後は慶多(時間)を選ぶ。

ストーリーを通じて、いろいろな意見が描かれる。

みどりの母は「産みの親より育ての親」と話し、良多の義母も「一緒に暮らしてれば似てくるし情は湧く」と話す。

良多の父は「血が大事なんだ」と言って、良多を説得し、良多に「血の繋がりがなくても愛せるか」と聞かれたゆかりは「愛せますよ、もちろん」と答える。

みどりはその間で苦しみ、「なんで母親なのに(血が繋がっているのに)気づけなかったんだろう」と自責の念にかられながら、琉晴が可愛くなってくると「慶多に申し訳ない」という罪悪感にかられている。

良多は、あまりにも大らかに育っている琉晴に違和感を感じながら、同時に、慶多と自分に血の繋がりがないことに正しくなさを感じている。

みどりが両方を自分の子供だと感じて葛藤を抱えるのに対し、良多はどちらも自分の子供ではないように感じて葛藤している。

そうして、良多はだんだん孤立していく。

雄大が良多に説教するシーンがある。

雄大は「子供は時間」だと話す。

大人は過去の経緯や、将来のことを気にする。誰の血を継いでいるのか、将来誰に似ていくのか。

しかし、子供の関心事は今しかない。今、誰が一緒に過ごしてくれるかどうか。

取り違えの犯人の元看護師は、良多とみどりの経験を先に味わっていた人物だ。

彼女は再婚し、相手の連れ子との関係に悩んだストレスから、犯行に及んでしまう。

彼女の息子は中学生のようだから、6年前は慶多や琉晴と同じくらいの歳だったはずだ。

再婚し、血の繋がっていない6、7歳の息子ができ、うまく子育てできず、悩んでいた。

良多は、彼女が誠意として払ったお金を返しにいく。そこで母を守るために良多に立ち向かう彼女の息子を見る。

6年経って、その連れ子は、間違いなく彼女の息子になっている。

彼女と彼女の息子を見て、良多は自分の義母に電話をかける。

良多は自分が義母にしたことを謝ろうとするが、義母は「昔のことは忘れた」といい、もっとくだらない話がしたい、と話す。

その後、良多は仕事で人工林を視察し、そこでセミが居着くのに15年かかった話を聞く。

家出した琉晴を連れ戻し、良多は琉晴を受け入れる決心をする。

良多は、琉晴と一緒に「くだらない」遊びを楽しみ、父として振る舞い始める。

大人はいろいろなことを考え葛藤するが、当事者の子供たちはシンプルだ。

慶多にとっては当たり前に良多とみどりが両親であり、琉晴にとっては当たり前に雄大とゆかりが両親である。

そこには血がどうとかいう話は全くなく、ただただ一緒に過ごしてきた6年間だけがある。

慶多にとってこの6年は、良多との思い出の時間だった。しかし良多にとっては、この6年はしつけの時間だった。

良多は、琉晴がお泊りに来て早々、一緒に食事を楽しむ前に、琉晴に箸の持ち方を教える。

良多にとって子供と一緒に過ごす時間は、子供を「強くする」ための実務的な時間であって、ただ子供と過ごす時間ではない。

慶多の中にはただ「父と過ごしたい」という思いがあり、6年の時間はその思いの蓄積だ。しかし良多にとっては、慶多をお受験に合格させるまでの6年でだった。

良多が最後に慶多を選ぶのは、自分に対する慶多の思いに気づいたからだった。

良多は慶多の残した写真を見て、慶多の経験していた時間を初めて知る。そしてその時間の中で、慶多が自分に対して抱いていた思いを初めて受け止める。

この「思い」が「血」を超える。

良多は、慶多が間違いなく自分の息子だと実感し、慶多を連れ戻しに行く。

慶多と琉晴、どちらが本当の子供か、という問いには、あえて明確な答えが出されていない。

ピアノを辞めたり、家出をしたり、利口だったり、髪の毛の質が同じだったり、どちらの子供にも共通点がある。

その上で、大人が子供を選ぶのではなく、子供の思いを大人が受け入れる、という結末になっている。

父に「成る」良太の成長

選択の問題と同時に描かれるのは、良多の成長である。

強さに執着する良多が、優しさを手に入れる物語になっている。

良多は社会的に成功し、「優しすぎるのは損だ」とみどりに話す。

良多はあるゲームの中で勝つことに最大の価値を置いており、教育もそのゲームに勝つための訓練だと考えている。(斉木家へのお泊まりも「ミッションだ」と説明している)

ゲームにはルールがあり、ルールがあるから正しさがある。良多は「正しさ」に固執していて、その正しさを基準に子供を見ている。

だから、慶多が自分の血を引いていないという「正しくなさ」を知って、「やっぱりそういうことか」と憤る。

なぜ良多がそういう大人になったかといえば、そういう父親を見て育ったからだろう。

弁護士の友人は「お前は昔からファザコンだった」と話す。

交換の日、「僕の父は、子供と一緒に凧揚げをするような人じゃなかった」という良多に、雄大は「そんなん親父の真似せんでええんちゃうの」と話す。

取り違えが明らかになり、斉木夫妻と交流を持った良多は、強さによって、早々に主導権を握る。

自分が弁護士を用意すると話し、子供を2人とも引き取る策を考え始める。

しかし、子供のお泊まりが始まるとこの力関係はだんだんと逆転する。

琉晴は野々宮家で退屈し、逆に慶多は斉木夫妻に懐いていく。雄大は慶多たちと遊び、壊れたおもちゃを直してやる。

雄大は「もっと子供と過ごすべき」と良多に説教し、慶多は父の日の贈り物(紙で作った花)を良多だけでなく雄大にも作る。

そして交換の後、琉晴は家出し、斉木家に帰ってしまう。

そこでゆかりに「うちは両方引き取ったって構わないんですよ」と、自分が考えていたことを丸々言い返されてしまう。

こうして、子育てにおいて良多は完全に敗北する。子育てにおいて、良多の強さは脆弱だった。

そこから良多は成長し、琉晴と一緒に遊ぶ時間を作る。

さらに良多は、慶多の撮った写真を通して慶多の思いを知る。

慶多の撮った写真は、自分が慶多を見ていたように、慶多もまた自分を見ていたんだということを良多に教える。

一方通行だと思っていた子育てが、実は双方向だったんだと良多が気づく。

良多と慶多の関係を象徴するものとして、ピアノがある。

良多にとってピアノは慶多を強く育てるための競争手段だった。だから慶多が他の子のピアノを「上手だね」と褒めた時、「悔しくないのか」と言って苛立つ。

しかし慶多にとってピアノは、父への献身だった。みどりに「無理して続けなくていい」と言われた慶多は「でもパパ褒めてくれたし」と答える。

交換の前日、「向こうに行ってもピアノする?」と聞く慶多に、良多は「どっちでもいい」と答える。

このやりとりによって、良多の「もう慶多に期待する気がない」という意思が示され、慶多は父への思いを表現する手段を失う。

最後に良多が慶多に謝る時、「パパもピアノ途中でやめたから」と話す。

それまで2人のすれ違いを表していたピアノは、ここで2人の共通点になる。

良多は自分の不完全さを認め、慶多の思いを受け止めなかったことを謝り、「もうミッションなんか終わりだ!」と宣言して、慶多を抱きしめる。

「パパ」という役割を演じて、息子育成ゲームをしていた良多が、ここで本当にパパになる。

最後、慶多に謝る時、良多は逃げる慶多を捕まえない。コントロールするのをやめて、慶多のあとを一緒について行く。

良多は「絶対的な父」という立場から降りることができるようになる。良多は自分の父から受け継いだ負の遺産を乗り越える。

レコメンド作品

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

失業をきっかけに息子との関係を回復する父親のストーリー

はじまりへの旅

自分の信念に従って子育てをしていた父親が自分のやり方に疑問を持ってしまうストーリー

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

ある不運によって母と行き別れてしまった息子が長い時間経て母を探す作品

トゥルーマン・ショー

見せ物として偽物の人生を歩んでいたことに気付き苦悩する男を描く作品

ヤング≒アダルト

良くも悪くも周囲から浮いた人生を歩んできた主人公が、キャリアの行き詰まりをきっかけに地元に戻り自分の人生を再確認するストーリー