映画

ワイルド・スピード EURO MISSION -チーム対チームの殴り合い-

概要

元英国特殊部隊のオーウェン・ショウ率いる犯罪組織によって、ある重要なチップが盗まれる。組織を追う捜査官ホブスはドミニクらに協力を求め、ドミニクは元恋人レティの情報と、過去の犯罪歴抹消を条件に協力に同意し、ブライアンらチームを招集する。

操作を続けるうち、レティがオーウェンの組織で働いていることが判明。どうやら記憶喪失であることが分かる。ドミニクらはオーウェンらと一進一退の攻防を繰り広げるがなかなか追い詰めることが出来ない。

オーウェンの目的は、盗んだ軍事部品から「ナイトシェード」と呼ばれる、軍の通信網を遮断する装置を作ることだと分かってくる。

ドミニクらは一時レティ、オーウェンを手中に収めるが、逆にドミニクの妹ミアを組織に人質に取られてしまう。人質交換とともに最後の決戦が始まる。

みんなのレビューまとめ

高評価

  • カーアクション、格闘ドンパチ、ロマンス、仲間、アクションエンターテイメントの極み
  • 各キャラクターの個性が立っていてチームものとして面白い
  • テンポがよく最後までだれない

低評価

  • スケールが大きくなりすぎて、このシリーズの良さが消えている
  • ストーリーの中心となるレティ救出と、それで犠牲になるメンバーの関係性が微妙でドラマに乗り切れない
  • ド派手なアクションにツッコミどころが多い

ナニミルレビュー

敵は国を滅ぼしかねない国際的犯罪者

ショウ率いる犯罪者チームと、ホブス・ドミニクの率いる捜査官チームによる、チーム戦の体で捜査が進んでいくのも、本作の面白さのひとつ。

ファミリー感のある暖かさで結束するドミニクらと、目的を果たすためだけに集められているショウのチーム。

敵チームのキャラクター説明はあまり多くないが、各キャラクターの見た目がそれぞれ特徴的で、なんとなくチームメンバーを把握できる。

このチーム戦がクライマックスでは物語的にもアクション的にもキーになっている。一件落着かと思われた矢先、敵メンバーの動きがひとつのフックになって、ラストのアクションへ突入していく。

ラストは両チームのメンバーが全員活躍する大アクションシーンになっている。この人数のキャラクターをを、それぞれ活躍させつつ、それでいてモタモタした感じがないのが凄い。

そして、このアクションシーンを通して、ドミニクらの信頼感が存分に表現され、レティが敵の1人に吐く決めゼリフ「Wrong team, Bitch!」がめちゃくちゃカッコいい。

 

全体的にストーリーの面白さは、前作『ワイルド・スピード MEGA MAX』よりはやや劣るかという印象。

前作は、ケイパー物から、ストーリーにツイストがかかり、ホブスが仲間に加わって、最後は全員で悪役を倒す展開で、紆余曲折の面白さがあった。

それに比べると本作は、レティとドミニクのドラマがあるとは言え、基本的には、こちらを出し抜く悪役をひたすら追いかける一本道のストーリーなので、やや物足りなさがある。

と思っていると、やはりラストにやってくれる。

敵も大犯罪者なだけあって、スケールのデカい策略を最後にカマしてくる。

だが、そこで怯まず全力で応戦するワイルド・スピードチーム。ここのアクションは本当に素晴らしい。前作もラスト凄かったけど、今作もその水準を超えてくるようなアクションシーンになっている。

格闘シーン

本作で目につくのは、格闘シーンの多さとそのクオリティ。

明らかに新しい試みのひとつだろう。これまでも格闘はあったが、今回はかなり力が入っている。

駅構内でのホブスの部下ライリーとレティの格闘。それと同時に、ハンとローマンも敵の1人と構内で格闘している。カットが前後しながら、これでもかというくらい格闘を見せ、最後はレティとライリーの階段落ちまで披露している。

ブライアンも情報集めのため入った監獄で、ナイフを持った数人に襲われて格闘したり、ラストでも、プロレスのようにチーム入り乱れながらの格闘シーンが展開する。

ちなみに、敵のひとりにかなりの大男がいて、ラストでこいつが大暴れしている。「こいつの相手は絶対ホブスだろ!」と思っていると、着々とホブスが現場に近づいてきて、ピンチのドミニクを助けるシーンが最高。

何度も書いてしまうのだが、レティの決めゼリフにしても、このホブスの登場にしても、その他ローマンが大事なところでミスったり、ドミニクがとんでもない方法で窮地から脱出したり。ラストのアクションは本当に、本当に最高。

やっぱりカーアクションが凄い!

格闘に力が入っているが、カーアクションもこれまでの作品にも増してかなり良い。

スピードレース的な要素はかなり薄れているが、本作では敵が武器として車を使って来たり、車のコントロールを奪う武器を使用してきたり、スパイ映画的な要素がかなり盛り込まれている。

運転技術で魅せるシーンもあるが、超高速で車を走らせながら、その上でするアクションのスリルを存分に味わえるようなシーンが多い。

そして、終盤に登場する超ヘビー級のある車。それを追うドミニクら。

前作のラストも「ゲーム感」があったが、このシーンに関しては本作も同様。敵が落としていく障害物を避けながら、鋭い反射神経で道なき道をハンドリングし、最後は敵の車両を横転させる。

 もちろん、ラストの大アクションシーンも、格闘に加えてカーアクションも見られる。映画冒頭でこてんぱんにやられた相手を、ブライアンが見事な運転技術で撃退する場面はとても痛快だ。

今回の敵はかなり強大。

そこに対して、「車」を使いながら、どういうロジックで勝っていくのかがしっかり作られているのが、アクションシーンを面白くしている。

ただ速いから勝つ、ただ武器が強いから勝つのではなく、強大な敵に対して、いろいろな車の使い方を見せながら勝っていく。

このぶっ飛んでるけど妙に腑に落ちるカーアクションが、やっぱり『ワイルド・スピードシリーズ』のクオリティの高さだ。

レコメンド作品

シリーズ作品