映画

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い -解かれた謎が笑いを生むミステリーコメディ-

概要

結婚式を2日後に控えたダグと、彼の親友のフィルとスチュ、結婚すれば義弟となるアランの4人は、バチェラー・パーティーを行うため、ラスベガスへ向かう。

しかし、4人の記憶は、ラスベガスへ繰り出す前に、ホテルの屋上で乾杯したところから途切れてしまう。

アランが目覚めると、めちゃくちゃになったホテルの部屋。トイレには虎。赤ん坊の鳴き声。

誰も昨夜のことを覚えておらず、しかも新郎のダグがいない。3人はダグを探すため、昨夜何が起こったのかを推理しながら、ラスベガスの街へ繰り出す。

みんなのレビューまとめ

高評価

  • くだらない方向に突き抜けていて笑える
  • 大人の男たちが友人同士で冒険しているストーリーにワクワク感がある
  • 謎解きが面白い

低評価

  • 汚物、下ネタ、下品なギャグだらけで苦手
  • 無理のある設定を無理矢理ストーリーにしていてご都合主義にしか感じない

ナニミルレビュー

時系列組み換えによるミステリー

ダグのことを探そうとした矢先、ホテルで渡されたのは、預けた車ではなく何故かパトカー。

仕方なくパトカーで街へ繰り出して、昨日の痕跡を探していく謎解きミステリーとしてコメディが展開していく。

各々の持ち物の中からヒントを見つけ、昨夜何が起こったのかの捜査を進めていく一方で、車が見つかったと思ったらトランクには謎の中国人、部屋に戻ればマイク・タイソン、ダグを人質に取った中国マフィアなど、謎が解けたかと思えばまた問題が発生する。

 

結果だけが示され、その過程がだんだんと明らかになっていく展開がとても面白い。かつ明らかになる4人の行動がどれもハチャメチャ。

ダグを見つけて結婚式に間に合わせなければ、という謎解きの緊張感と、それによって解かれた謎のバカさ加減のギャップで笑わせる、良作のコメディ映画になっている。

 

ハチャメチャ無茶騒ぎ

アメリカ映画で、ハチャメチャに大騒ぎするパーティはよく登場するが、この映画の騒ぎぶりは半端じゃない。

命がけ、人生がけの悪ふざけが繰り広げられている。

度が過ぎた一夜の過ち。イタズラで虎を盗み、それどころかカジノで知り合った男を誘拐。

 

パーティ悪ふざけ史上でも、絶対に上位に入るハチャメチャぶりもこの映画の見ドコロ。

そして、その責任を取っていく様子の無様さがまた面白い。

 

嵐の後の充足感

前日の自分たちの失態の尻拭いにボロボロになっていく3人。だが、この映画のラストは、なんとなく充実感の漂うものになっている。

ダグが無事見つかり、車をぶっ飛ばして結婚式へ急行。なんとか式に間に合い、全員で式に参加し、一件落着。

そして、ようやく落ち着いて4人でビールを飲む。そこで、アランがバカ騒ぎの様子を収めたデジカメを持ってくる。

「一度だけ見て、削除しよう」と約束する4人。

 

この嵐が終わって、それまでの出来事を落ち着いて見る余裕ができた4人の雰囲気がとても気持ちいい。

たしかにヤバイことがいろいろあったけれど、これもいい思い出になるだろうっていう幸福感が漂っている。

何にもないよりは、そのせいで死ぬほど苦労したとしても、何かがあった方がいいよな、という前向きな感じがする。

壮絶な嵐の後、4人の思い出と、友情が心地よく響いてくるラストになっている。

レコメンド作品

ビッグ・リボウスキ

ひょんなことから様々な事件に巻き込まれていく主人公を描いた作品

ナイスガイズ!

間抜けな探偵が陰謀を追いかけるコメディ作品

奇人たちの晩餐会 USA

変人に付き合わされる男を描いたコメディ作品