映画

オーケストラ! -30年越しの夢を叶えるアツいペテン-

概要

ロシアのボリショイ劇場で清掃員として働くアンドレイ。彼は才能溢れる指揮者だったが、共産主義時代にユダヤ人排斥政策に反対したことから楽団を追われ、不遇の30年を生きてきた。

ある日、彼はパリの劇場がオーケストラを探している旨の通知を手に入れる。それはボリショイ劇場に送られたものだったが、アンドレイはその通知を拝借し、彼と同じく追放されていた昔の仲間を集め、ボリショイ交響楽団になりすましてパリへ渡る。

アンドレイは、オーケストラにパリ在住のヴァイオリニスト、アンヌ=マリーを加えることを熱望。アンヌ=マリーは参加を快諾するが、即席で不調和なオーケストラを見て唖然とする・・・。

みんなのレビューまとめ

高評価

  • 様々なドラマを経た後に見るクライマックスの演奏シーンが素晴らしい
  • 政治も絡んだ堅苦しい話を背景としながら、コメディ調で楽しく見られ、仲間や家族のドラマも描かれており見応えがある
  • バラバラの個性を持った登場人物たちが、ひとつのものを作り上げる熱さがある

低評価

  • 指揮にも演奏にもリアリティがない。パッと集まってできるほどオーケストラは甘くない
  • 登場人物たちの行動が身勝手でストーリーにのれない
  • 全体的に展開がご都合主義

ナニミルレビュー

オススメ度:B

こんな気分の時オススメ:バラバラの登場人物たちが結束していくストーリーが観たい時。積年の思いを果たすストーリーが観たい時。ホロリとするコメディが観たい時。

大舞台に立つための無謀な計画

主人公のアンドレイは、ロシアのボリショイ劇場で清掃員として働いている。実は彼は天才指揮者だったが、30年前のある事件をきっかけに楽団を追われ、今はしがない清掃員として働いている。

この時点で、もうワクワクせざるをえない設定になっている。隠れた凄腕キャラクターは、何がどう転んでも面白くならざるをえない設定と言っても過言ではない。

アンドレイは、劇場に来たパリからの公演依頼のFAXを盗んで、自分が代わりにその公演に出演する計画を立てる。

どうやってこの公演のための準備を進めるのか、というのがメインストーリーになっている。

メンバーはどうする。旅費はどうする。楽器はどうする。次々と起きる問題に対処しながら、アンドレイたちは楽団を作り公演の舞台に立つ。

隠れた凄腕たちを探す仲間集め

隠れた凄腕がワクワクする設定だと書いた。この映画に登場する隠れた凄腕はアンドレイだけではない。

アンドレイの親友サーシャを始め、30年前にアンドレイと一緒に楽団を追われた仲間たちは皆、凄腕揃い。

アンドレイとサーシャが仲間集めのために会いに行くと、楽器を取り出して演奏する。

この人たちは、楽団を追われた後も30年間、楽器を手放さず、腕をなまらせず、演奏を続けてきたのかと思うと、それだけで感動してしまう。

そういった、大事なものをしっかり持ち続けている人たちがメンバーだからこそ、この楽団を応援したくなる。

アンドレイの要請で公演のメンバーとして、プロで活躍するアンヌ=マリーも楽団に参加する。

あまりに素人丸出しの楽団の態度に、アンヌ=マリーがうんざりする場面がある。そこでメンバーのひとりが彼女の目の前でヴァイオリンを弾き出す。

最初はバカにしたような表情を浮かべていたアンヌ=マリーが、だんだんと演奏の凄さに目を見張り、最後には「今のどうやったの?」と質問してしまう。

これぞ、隠れ凄腕キャラクターの最上の使い方!

ちなみに、ラストシーンもだいたいこれと同じ構図が、楽団と観客の間で起こる。

隠れた凄腕たちが揃い、演奏を通して一気にサビが剥がれ、最上級の演奏に突き抜けるシーンは鳥肌モノ。音楽に詳しい人がどう感じるかは分からないが、映画の演出としては素晴らしいクライマックスになっている。

最初ちぐはぐだった演奏が、アンヌ=マリーの演奏によってピタッと揃う。

ここでは、音の中に記憶が凝縮されているという描写になっていて、音楽の違う側面を描き出す映像になっている。

オーケストラに取り憑かれた男

アンドレイは音楽に取り憑かれた男だ。

偽物の楽団を作ってペテンで大舞台に立とうなんて、まともな神経をしてたらできないだろう。

こういう人物って、なんでこうも魅力的なんだろう。ここまで自分が求めるものがハッキリ分かっている人間はそうそういないからだろうか。

なんにせよ、ストーリーが進んでいくに連れて、この無謀な計画の原動力は、単純にアンドレイの音楽への欲望だけから生じているわけではないということが分かってくる。

いや、音楽への欲望であることに変わりはないのだけど、単に最高の演奏をしたい、ということではなくて、最高の演奏をすることが、ある過去の出来事への贖罪というか、精算にもなっている。

このことに実はアンヌ=マリーも関わっていたりして、ペテンの大舞台を成功させるというメインストーリーから派生して、物語に厚みが持たせてある。

だからこそ、最後の演奏シーンがあんなにも感動的だ。高ぶっているアンヌ=マリーの感情がこちらにも伝わってきて鳥肌が立つ。演奏とストーリーが、ラストで同時にクライマックスに達する終わり方が素晴らしい。

 

レコメンド作品

リトル・ミス・サンシャイン

娘の美少女コンテストのため、一緒に旅するチグハグな家族を描いた作品

ONCE ダブリンの街角で

ストリートミュージシャンが一念発起し真剣にミュージシャンを目指す作品

ヤング≒アダルト

落ち目の小説家が青春時代の知人友人に再開し苦悩する姿を描く作品

ザ・ウォーク

自分の夢のため、仲間と共に海を渡り、究極の綱渡りに挑戦する男を描いた作品