映画

のるかそるか -この興奮が最高の配当金-

概要

妻との関係に問題を抱えるタクシードライバーのジェイ。ある日、同僚ルーニーが乗せた客が、競馬の八百長について話しているのを聞き、その情報を教えてもらったジェイは有り金を持って競馬場に出かける

競馬場はジェイの友人や馴染みの客、そして会員クラブで競馬を観戦するセレブまで、様々な人の溜まり場になっている。

最初こそ八百長情報で大金を稼いだジェイだったが、増えた金を本当の賭けに使い、それがさらに当たって興奮する。勝ち続けるジェイに、友人たちは嫌味を言い、最初はおおらかにジェイを見ていたセレブたちさえ、ジェイの勝ちっぷりに腹を立て出す。

ジェイの妻は、ジェイのギャンブル癖に怒っており、彼が稼いだ大金を目にしても意に介さず、家に帰っていく。ジェイは十分稼いだと考えて家に帰り、妻にプレゼントとお金を見せるが、怒って酔った妻はそれを見てもちっとも喜ばない。

ジェイは最後に、ありったけの金を一頭の馬に全額ベットし、最高の賭けを楽しむことにする。

みんなのレビューまとめ

高評価

  • 笑って、ちょっとホロリときて、観終わって元気になれる
  • 競馬の緊張感や楽しさ、悲しさが上手く表現されている
  • 主人公を取り巻く登場人物たちが魅力的

低評価

  • ギャンブルに燃える主人公たちに感情移入できない
  • 主人公が上手く行き過ぎで、ご都合主義に感じる
  • 勝ち方のバリエーションが少なく、ギャンブルとして少し退屈

ナニミルレビュー

オススメ度:A

こんな気分の時オススメ:明るいコメディが観たい時。テンションが高い登場人物たちの掛け合いが観たい時。楽しい気分になりたい時。

ギャンブルサクセスストーリー

あまり豊かとは言えない生活をおくるタクシードライバーのトロッターと彼の親友ルーニー。ルーニーは後部座席の客の会話を録音する悪い趣味があった。

そこにたまたま競馬の八百長情報が記録されたのがストーリーの発端。

ルーニーは聞き流したが、トロッターがこの情報に目をつけ、なけなしの100ドルを持って競馬場に乗り込む。

 

最初のレースは、八百長通りの展開となり、トロッターはほくほくの気分で配当金を受け取り、嫉妬で嫌な顔をする友人たちに「勝者は止め時を知ってる」と言い放って帰ろうとする。

しかし、ひょんなことから、トロッターは新たな八百長の情報を知ることになる。この情報は、前のものに比べてば信憑性が少し低い。しかしトロッターはこの馬に、さきほど勝った分のお金を全て賭ける。

 

こんな風にして、トロッターが賭けるか賭けまいか悩みながら、結局は賭けて競馬で勝っていくストーリーになっている。

すごくシンプルなストーリーで、これだけ聞くと何が面白いんだ、と思われると思うが、これがめちゃくちゃ面白い映画になっている。

ぼくはギャンブルをやらないし、この映画を観たからといって、「ギャンブルしてみたい」と思うわけでもないんだけど、しかし、この映画を観ている間だけは、トロッターと一緒に、ギャンブルの楽しさを味わえる素晴らしい映画になっている。

 

展開として巧妙なのは、最初のレースから、次のレース、次のレースとストーリーが進むに従って、だんだん賭けの確実性が下がっていき、最終的にはトロッターの勘頼りの、本当のギャンブルになっていくストーリーの流れだ。

この上手い流れのお陰で、ギャンブルに興味がない人でも、少しずつトロッターの勝負に気持ちが乗ってきて、ギャンブラーたちが熱狂している姿についつい共感してしまうのだ。

そして、ストーリーの途中では危うく負ける馬に賭けそうになったり、もう止めて帰ろうと思った矢先、ルーニーの借金を返すため賭けに出なければいけなくなったり、トロッターのモチベーションが上がり下がりするドラマも面白い。

モチベーションも変わるし、賭ける馬を選ぶロジックも、移り変わっていく。

 

シンプルに言えば、「トロッターが競馬に勝っていくだけ」の話なのだけど、こんなシンプルな話が、こんなに面白く描けるんだ、という驚きと楽しさが溢れたストーリーになっている。

 

地元感のある競馬場の楽しさ

この映画をここまで楽しくしているのは、やっぱり競馬場に集まるキャラクターたちのお陰だろう。

何やらみんな顔見知りで、軽口を叩きあう関係性。

酒場で予想の話しをしたり、悪態を付き合ったり、初めて競馬場に来る19歳の女性が負けて豹変したり、なんだかとてもいい雰囲気。

なんというか、その場の皆が「ギャンブルをしている」というあまり褒められた人間じゃない部分を共有していて、だから互いに変に気取ることもなく、粗野なんだけど温かい空気が流れている。

 

と同時に映画中盤で、勝ちまくりのトロッターは、セレブたちが集まる「ジョッキー・クラブ」という会員制の見物場所を利用することになる。

ここでは逆に、プライドが高く嫉妬深い金持ちたちが描かれる。みんな余裕をぶっこいているが、トロッターが大勝ちした途端、みっともなく意地悪をしてくる。これに対して、トロッターが「気取りやがって、笑わせるな」と啖呵を切る場面もまた痛快。

 

トロッターは安いバーに戻り、最後の賭けを仲間たちと楽しむ。

仲間たちはトロッターの賭ける馬を聞いてバカにしつつも、レースが始まったら皆トロッターの馬を応援している。

 

「単なるのお金」より「楽しい人生」

この映画では、ギャンブルストーリーの裏で、トロッターとパム夫妻のストーリーがずっと流れている。

映画冒頭は、トロッターとパムがレストランでお互いに誓いを立てるシーンから始まる。

トロッターは「もうギャンブルをやめる」とここで宣言するのだが、「八百長で勝つのはギャンブルじゃない」と言って、最初のレースに参加してしまう、というのが、最初の導入になっている。

 

ストーリーが進むと、当然、競馬をしているのがパムにバレる。

パムは怒り心頭で競馬場に乗り込んでくるのだが、大ゲンカをしつつも、パムはトロッターのことを嫌いになれない。そして、トロッターもパムのことを大事にしたいと思っている。

この、いつもケンカしているんだけど、めっちゃ仲良い夫妻の描かれ方も、ホントいい。

変な言い方だけどカワイイというか、とてもキュートカップル。

 

そして、この夫妻のストーリーが、この映画のギャンブルの質を変えていく。

映画中盤までは、いわゆる普通のギャンブルというか、「どんどんお金が儲かって楽しい!」というテンションでストーリーが続いていく。

しかし、結構な大金をトロッターが家に持ち帰ってパムに見せたときに、パムがお金に全く興味を示さなかったところから、トロッターのギャンブルの質が激変する。

クライマックス、トロッターは、パムに見せた大金を持って競馬場のバーに戻る。掛けを続けることを察した仲間たちは大喜びでトロッターを歓迎する。

そこでトロッターは、「みんなであり金全部を一頭の馬に賭けよう」と提案するが、この無茶な提案に、それまで盛り上がっていた仲間たちは一気に引いてしまう。

 

ここで示されるのは、主体的に楽しむことの重要さと、お金は稼ぐより使うほうが楽しいという価値観だ。

みんなトロッターが大金を賭け、そして勝つ様子を見たがりそれを楽しんでいる。しかし、トロッターが「みんなも俺と同じように賭けよう」と言うと、だれもそれをしない。

結局は、みんな安全圏から他人事としてトロッターを見ているだけだ。

そしてこの場面で、トロッターはお金を守るより、使って楽しむことを決意している。

パムに「単なるお金じゃない」と言われたことで、トロッターはお金への執着を捨てた。

そして、お金を得ようが失おうが、そんなことより仲間たちとパーっと楽しもうとしたのだ。その皆で楽しむ一瞬のほうが、何万ドルなんかよりずっと価値がある、というのがトロッターの行動の意味なのだ。

そして最後のレースからエンディング。

 

この映画は、ギャンブルを題材として、ギャンブルの楽しさを肯定しつつ、「でも、お金なんかより大事なことがあるよ」というメッセージを説得力を持って示している。

ギャンブルっていうと暗いイメージや悪いイメージがあるけど、ギャンブルの良さをよく分からせてくれるのがこの映画だ。

論理やルールもない状況で、全員がフラットになって、みんなが1つのレースに熱狂するあの楽しくて平等な空間と時間が、実はギャンブルの魅力なんじゃないか。

ちょっと飛躍すると、生きることもそうなんじゃないかっていう気分にもなってくる。

生きることもギャンブル。いろいろ頭を悩ませて、損得に必死になったり、周りに嫉妬したりするけど、それが果たして良い人生か。結局すべては思い通りにならないし、半分は運頼みのこの人生、パーっと楽しもうよ!っていう、そういうメッセージにも感じられる。

八百長から始まって、最後は本当に本当の賭けで終わる。

ストーリーもキャラクターもメッセージもしっかりしていて、コミカルで笑える90分のライトなコメディ映画。

この映画、めっちゃいい。

レコメンド作品

ビッグ・リボウスキ

主人公が友人や依頼人に振り回されるコメディ作品

海よりもまだ深く

元妻に未練タラタラなギャンブル好きの小説家を描いた作品